朝から楽々ストレッチ

「おはよう!」心の中で自分にあいさつ、1日の始まりはベッドの上でののびのびストレッチからです。

両腕を思い切り上に伸ばし、同時に両足も思い切り伸ばします。縮こまっていた身体を先ずは起こします。
次は両手両足ぶらぶらストレッチです。血液が静かに流れ始めたような感じになりますね。両手両足を思い切り伸ばすと
お腹にも力が入って腸も動き出すような気がします。

運動嫌い、運動不足の私が唯一続けられているのが、ヨガのポーズを真似たような、
でももっと簡単にできる自己流ストレッチです。

起き出して朝食の準備をしながら、つま先立ちを10秒間、そして下ろします。これを5回から10回繰り返しています。

足指の感触がしっかり伝わるので、私はこれを素足で行っています。
ふくらはぎや足首の引き締めに効果が出ている気がします。

私の場合、改めて、「ストレッチの時間」というものを取っているわけではありません。
ながらストレッチ、あるいはすきまストレッチとでもいえばいいかもしれません。

何しろ長年の運動嫌い、運動不足。ストレッチがストレスになってしまっては続かなくなってしまいます。
パソコン作業をして疲れたら、立ち上がって思い切り上に伸び上がり同時につま先立ち、伸ばした両腕はゆっくり横に
下ろしてきます。その時肘を軽く曲げ、肘から手の甲を丸くして下ろしてくると、バレエのポーズのようになります。
次は膝を曲げて足の上げ下ろしをします。これも立ち上がったついでにテーブルやデスクにつかまって、
関節をほぐす感じでしています。最近は慣れてきたのでつかまらずにできるようになりました。そして腕回しをします。
耳の横を通ってゆっくりと、肩甲骨を意識して回します。これくらいですと5分もあれば気持ちよくなるには十分できます。

そもそも私がストレッチを始めたきっかけは、姿勢補正とダイエット後のリバウンド防止でした。
ストレッチの効果かはわかりかねますが、家族からは多少、姿勢の改善がみられているとの評価を得ています。
そしてリバウンドはしていません。
就寝前ストレッチは、ヨガで「ガス抜きのポーズ」と言われているものをしています。
片足を伸ばしもう一方の足を膝を曲げて抱き抱えます。
便秘解消にも良いと言われていますよ。

朝すると効果的なストレッチ

朝のストレッチは体にいいと、聞くことは多くても、実際に「何がいいのか」わからないという方も
意外とおおいものです。朝のストレッチがいいとされる主な理由は主に4つです。

・血流が良くなり、基礎代謝が上がる
・内臓があたたまり正常に機能する
・寝ている間に冷えて固くなった体を温め「スイッチon]の状態にする
・交感神経が刺激され目覚めがよくなり、脳が活性化する
つまり、1日を始めるために必要なエネルギーを効率よく目覚めさせることができるのが「朝のスト
レッチ」ということになります。手際のよい「デキる」人たちが生活の中に取り入れる理由がなんとな
くわかるような気がしますよね。
・デキる人が朝ストレッチを行っている、その理由について
空前の健康ブームが始まるよりもっと前から、世界的な成功者と呼ばれる方々は朝のストレッチや運動
を取り入れてきました。イギリス初の女性首相マーガレット・サッチャー氏、アメリカの建築巨匠フラ
ンク・ロイド氏、ディズニーのCEOロバート・アイガー氏、チェリストの溝口肇氏・・名前を上げれば
キリがなく、公表している以外のエグゼクティブたちも皆何がしかのストレッチや運動を取り入れてい
ます。世間での「朝活」ブームの理由の一端を担う「デキる人たちが朝ストレッチをやる理由」は至っ
てシンプルです。
朝のストレッチを行うことで体全体のバランス、そして自律神経のバランスを整えることができるので、
その後の会社や学校での集中力や決断力のスピードが段違いだということを実感しているのです。
「体をスイッチONの状態にする」「脳を活性化する」ということのメリットを最大限に活用しているか
らこそ、求められるタイミングで最大の能力を発揮できるというわけです。
そしてそのための方法は家の中での数分で行える簡単なストレッチなので、誰もが実践できるというのも
魅力です。

1日がどうもスッキリとしない、なかなか集中することができない・・という方は是非一度、「朝体を動かす」と
いうことをお試しされるといいと思います。

お風呂の中で出来る美容方法

女性は幾つになっても綺麗でいたいものですよね。
現代は非常に便利な時代で、エステサロンや自宅で出来る美顔器など沢山綺麗になるための手段があります。

ですがお金がない方や時間がない方にも簡単に美容になれる方法があったら良いと思いませんか。
そこで今回は自宅で簡単にできる美容に役立つ方法をご紹介していきたいと思います。

その方法とは、お風呂です。
よく半身浴とかも流行っていますが、半身浴が時間が無くてできない方のためにお風呂の中で出来る簡単な
マッサージやストレッチ法をお教えします。

一日中使った脚はきっとパンパンで重たいことと思います。
まずお風呂に浸かって身体を温めて下さい。
そして、疲れたふくらはぎや足の裏を親指で押しながら痛い所を探していきます。
もし痛いと感じる部分があったらそこが疲れている場所です。
その部分を集中的に押して揉むようにしましょう。

お風呂の中なので更に血液の循環が良くなって美容に繋がります。

次にコルギです。
このコルギ法が今若い女性を中心に流行っています。
コルギとは韓国から始まったもので、美容に効くマッサージ方法です。
足の骨に沿って手をグーにして第二関節の指で下から上に向って老廃物を流していきます。
ポイントは心臓の方向に向かって流して行くことです。

太ももやお腹周り、二の腕なども同様に流していくと、じわじわと額から汗が出るようになってきます。
そうすることで代謝も上がり身体も引き締まってくるんですよ。

それが終わったら今度はストレッチです。
足を真っすぐに伸ばして身体を前に倒していきます。
無理のない程度で良いので、身体の体重を前に持っていくような感じで限界と感じるところまで伸ばして下さい。
そして、最後に肩回しを30回ずつくらいを目安にします。
そうすることで肩甲骨の周りにある脂肪を燃やすことができます。

その後お風呂から上がったら、ベビーオイルを濡れた肌に乗せてクルクルとマッサージするように身体全体に
馴染ませて完了です。
この時のポイントは、濡れた肌をタオルで拭かないことです。
そのままベビーオイルを塗ってあげることで美容効果が期待できます。

是非、皆さんもこの方法を一度お試しください。

色々な使い方の烏龍茶

お酒を飲む人は、飲み会などで次の日に二日酔いなどの経験をした事のある人は多いと思います。
しかし、私はある時から二日酔いにならなくなりました。

その切っ掛けとなったのは、飲み会でお酒を飲んだ後に飲んだ烏龍茶が切っ掛けです。
私は、それからお酒を飲む時には烏龍茶を飲むように心がけています。
烏龍茶はお酒との相性もいいので、チェイサーに使ったり、お酒を飲み終わってから余り時間が経過しないうちに飲んでいます。
そうすると、次の日お酒が残っていない爽快な朝を迎える事が出来るので、体調が一日健康の状態でいられます。
なんでも、烏龍茶には、デットクス効果があるそうです。
その為、肝臓の機能を妨げるお酒の成分を烏龍茶は効率よく分解してくれるので次の日にお酒が残らない体になるそうです。
またデトック効果といえば最近話題の「美甘麗茶(びかんれいちゃ)」も効果がありました。
烏龍茶も美甘麗茶も併用して飲んでいるので、近頃はとても体調がいいです。

それに、烏龍茶を飲んで焼き肉など臭いが気になる食べ物を食べた後にも効果を発揮してくれます。
烏龍茶には口臭を防ぐ作用があるようで、殺菌作用が強いようです。
烏龍茶を飲んだ時の味覚で言うとあの渋みが口臭を和らげてくれ、焼き肉を食べた後の臭いを消してくれます。
私は、焼肉屋さんが出してくれる飲み物に多いのはこの為かと納得しました。
しかも、烏龍茶は脂肪分解してくれる作用もあるみたいですから本当に納得します。
それに、私は、烏龍茶を飲む時は飲む量は決めずにコマ目にとっています。

そうして、飲んでいるうちに、お酒の飲む量が断然減りました。
私が思うに体の体質が変わったのでしょう。
お酒の飲む量が減ると体重など他の健康面でも変化が出てくるので私は、烏龍茶を飲んでいて良かった思います。
また、烏龍茶を私は自宅で沸かして作り飲んでいます。
作り置きも出来ますし、簡単に作れるので便利です。

それに、私は、冬になると烏龍茶風呂に入ります。
烏龍茶風呂に入る習慣になってから体が芯まで温まってようになりました。
なので、今まで冷え性だった私の体が今は嘘みたいです。
烏龍茶風呂の作り方は沸かした後の烏龍茶のパックを入浴剤として使うだけです。
烏龍茶のパックは意外に丈夫なので破ける事もありません。

それに、冬場の烏龍茶風呂を続けているとカサカサの手の肌荒れなども治ってきます。
本当に使い方が沢山あるお茶です。
私はこれからも、お酒お飲んだ後、健康の為に自分のペースで烏龍茶を飲んでいきたいと思ってい