朝から楽々ストレッチ

「おはよう!」心の中で自分にあいさつ、1日の始まりはベッドの上でののびのびストレッチからです。

両腕を思い切り上に伸ばし、同時に両足も思い切り伸ばします。縮こまっていた身体を先ずは起こします。
次は両手両足ぶらぶらストレッチです。血液が静かに流れ始めたような感じになりますね。両手両足を思い切り伸ばすと
お腹にも力が入って腸も動き出すような気がします。

運動嫌い、運動不足の私が唯一続けられているのが、ヨガのポーズを真似たような、
でももっと簡単にできる自己流ストレッチです。

起き出して朝食の準備をしながら、つま先立ちを10秒間、そして下ろします。これを5回から10回繰り返しています。

足指の感触がしっかり伝わるので、私はこれを素足で行っています。
ふくらはぎや足首の引き締めに効果が出ている気がします。

私の場合、改めて、「ストレッチの時間」というものを取っているわけではありません。
ながらストレッチ、あるいはすきまストレッチとでもいえばいいかもしれません。

何しろ長年の運動嫌い、運動不足。ストレッチがストレスになってしまっては続かなくなってしまいます。
パソコン作業をして疲れたら、立ち上がって思い切り上に伸び上がり同時につま先立ち、伸ばした両腕はゆっくり横に
下ろしてきます。その時肘を軽く曲げ、肘から手の甲を丸くして下ろしてくると、バレエのポーズのようになります。
次は膝を曲げて足の上げ下ろしをします。これも立ち上がったついでにテーブルやデスクにつかまって、
関節をほぐす感じでしています。最近は慣れてきたのでつかまらずにできるようになりました。そして腕回しをします。
耳の横を通ってゆっくりと、肩甲骨を意識して回します。これくらいですと5分もあれば気持ちよくなるには十分できます。

そもそも私がストレッチを始めたきっかけは、姿勢補正とダイエット後のリバウンド防止でした。
ストレッチの効果かはわかりかねますが、家族からは多少、姿勢の改善がみられているとの評価を得ています。
そしてリバウンドはしていません。
就寝前ストレッチは、ヨガで「ガス抜きのポーズ」と言われているものをしています。
片足を伸ばしもう一方の足を膝を曲げて抱き抱えます。
便秘解消にも良いと言われていますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です