ちょっと肌が弱い人にもオススメの化粧品

私は肌が弱く、洗顔や化粧水だけでなくシャンプーやボディーソープにも気をつけています。
シャンプーやボディーソープは合わないものを使うと背中がかゆくなってしまうので、なるべく無添加や低刺激のものを選んでいます。

顔につけるものはそれ以上に慎重に選んでおり、今では同じものをずっと使い続けています。

洗顔やシャンプーなどで合わないな、と思うものはやはり色々な成分の入っているものです。
もっとも見分けやすいのは私の場合香りです。
とてもいい香りのするものはそれだけ香料が入っているのでしょう、いい香りだなと思って使い始めると大抵背中がかゆくなってしまいます。

ところが、なるべく低刺激のものを使っているとお肌に栄養が足りないのです。
そこでネットでも調べて私がたどり着いたのが、ハトムギ化粧水をベースにした化粧品たちです。

今までは低刺激ということでハトムギの化粧水だけを使っていました。

しかしこれだけでは冬場の保湿力が足りませんでした。
そこで話題になっていたニベアとの組み合わせを試してみたところ、とても相性が良かったです。
私はまず手のひらにニベアをほんの少しだけ取り、それを化粧水で溶かすように混ぜ、顔に塗ります。
すると化粧水もとろみがついてつけ心地が良く、もっちりが続きます。

しかしやはりこれだけでは足りない、ということでスペシャルケアとしてルルルンのフェイスパックを使っています。
使っているのはピンクの最もベーシックなものです。
一度他のものを使ったのですが、やはりつけていると肌がちくちくしてしまいました。
フェイスマスクをつけるのは週に一度、メイクで疲弊した肌に使います。マスクをつける前に化粧水をつけるとぴりぴりしにくくなります。

週に一度ですが効果はちゃんとあります。
ルルルンのコンセプトは毎日つけるフェイスマスク、ということですが私のように肌が弱い人は無理して毎日しなくても良いと思います。

エマルジョンリムーバーというスキンケアアイテムがあります!
これを使いましょう!

肌の汚れを根本からしっかり落としてくれます!

顔のケアはこれだけです。
自分の肌に合わせてこまめに化粧品の量や使うものを調整するのが美肌への鍵ではないかと思います。

アラサー世代のオススメの美容方法

私はアラサー世代なのですが、やはり年齢を重ねるに連れて、お肌の悩みが増えてきています。
以前は、目元の小ジワなどが悩みだったのですが、最近ではフェイスラインのたるみも気になり始めてきています。

目元には、目元専用のセラミドの化粧品を使っており、頬のたるみについては、また別に化粧品を使っている状態です。
これらは、10年後20年後のお肌のためにと思って行っていることですが、やはり手間を感じることがあります。一層目元の小ジワと、頬のたるみの両方を解決できる化粧品があればなと、感じることがあります。

でも最近になって、ある美容液を見つけることが出来ました。
セラミドが含まれているだけでなく、ヒアルロン酸も含まれている美容液です。少しお値段はしたのですが、もしお肌に合えば、目元の小ジワと頬のたるみの両方を一度に解決できるのでは?と思い、思い切って購入してみました。
早速使ってみたのですが、テクスチャーは、乳液のようなとろみのあるタイプで、香りがとても上品な香りが致しましたので、とても気に入りました。

実際に使用してみての感想ですが、とても良かったです。目元の小ジワも美容液を使う前は、もっと深く刻まれていくのではと恐かった状態だったのですが、美容液を使い始めてからは、小ジワが浅くなっていくのを感じましたので、嬉しかったです。

またフェイスラインの方ですが、ヒアルロン酸が含まれているために、お肌に本当にハリが出てきました。付ける時に、顎からこめかみに向かって引き上げるように付けておりますので、
そのマッサージでも、効果が感じられているのではないかなと思います。

美容液は、お値段的にも高価な化粧品の部類に入りますので、使うのはなかなか後回しになりがちですが、入っている美容成分から見ても、豪華なものばかりですので、
複数ある年齢肌を一度に解決するためには、優先的に使っていきたい化粧品ではないかなと思います。
美容液は、使い始めると、本当に今まで悩んでいたのはなんだったのかしら?と思うくらい、お肌が生き生きとしてきます。
若い頃は考えもしませんでしたが、年齢を重ねるごとにスキンケアに入れておきたい化粧品が、美容液になりました。

現在エマルジョンリムーバーというアイテムを使っています!

使い方が簡単なので個人的に気にいっています。

汚れが凄く落ちるんですよ!

エマルジョンリムーバーオススメですよ!

おススメの美容法ならぬ、アラサー世代などのおススメの化粧品を、「美容液」にさせていただきたいです。