オーガニック化粧品を使ってキレイに!

オーガニック化粧品の特徴は、自然由来の成分が主に配合されていて、化学的な成分を使用していない、もしくはほんの微量だけ使用して作られた化粧品です。
肌が元々持っている自然な治癒力を引き出して、回復させることを目的としたスキンケア用品です。
オーガニック化粧品は、化学成分を含んでいないので、とっても低刺激な化粧品です。
アトピーなどの皮膚トラブルがある人にも、副作用が少なく使用できると言われています。

オーガニックコスメの意味を知っていますか?
オーガニックコスメとは、有機栽培により作られた植物を使用した化粧品を指します。
有機栽培は、化学肥料や農薬を使わず(もしくは極力控えて)農作物を栽培することをいいます。
化学肥料の代わりに、合成成分を使わない有機肥料を使用して、土に栄養を与えます。
そのため、虫が付いたり、疫病にもかかりやすくなってしまうので、非常に手間がかかります。

そして、市場に出せる農作物の数は、化学肥料を使った農作物よりも少なくなってしまうので、オーガニック化粧品は単価がどうしても高くなってしまいます。
オーガニック化粧品が肌に優しいわけは、肌に刺激をあたえる化学成分が含まれていないからです。
市販されている敏感肌用のコスメは多くありますが、無添加と書かれている化粧品をよく見かけます。
無添加だと肌に優しいイメージをもってしまいますが、果たしてどうなのでしょう。

無添加化粧品とは、人工的な化学成分をほとんど配合していない、有機素材の成分が含まれた化粧品で、防腐剤、合成色素、石油系界面活性剤など、人工添加物が含まれていない化粧品のことをいいます。
合成成分が全く使われていないわけではありません。
といっても、肌に優しくないというわけではなく、化学合成成分を極力抑えた化粧品だと考えればいいでしょう。
天然由来化粧品とは、天然素材を加工して精製されている化粧品です。

そして、無添加化粧品と同じで、天然由来成分が含まれている化粧品という意味であって、化学合成成分が全く使用されていないことではありません。
だからといて、オーガニック化粧品が、全て良いとはいいきれない部分があります。
それは、オーガニック化粧品によって使用されている天然素材もいろいろあり、自分の肌に合わない素材を使った化粧品だと、アレルギー反応を起こしてしまうこともあるからです。
オーガニック化粧品を選ぶときは、自分に合ったものを選ぶ必要があります。
中には、オーダーできるものもあり、オーガニック化粧品の成分を配合してくれるところもあるようです。

そうはいっても、やはり市販されているものよりは値段も高くなってしまいますが、アレルギーの人には比較的トラブルが少なく使うことができるので、選択肢の1つとして考えてもいいかもしれません。
香りや使用感の好みもありますので、サンプルなどで1度試してみて、自分の好きなタイプを見つけて下さい。

お腹周りって1番気になるところではないですか?

スリムフォーを使えば飲むだけで簡単にお腹周りを解消できることができます!

スリムフォー楽天もぜひ御覧ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です